平成18年4月、名古屋駅前に開設した介護付有料老人ホーム「グラード名古屋駅前」の施設長が日々の出来事をつづります。


by grado_nagoya
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
今日は午後からグラード名古屋駅前の夏祭りです。
早いもので第10回を数えます。
今年のテーマはそれぞれフロアごとに決めて準備を進めています。

昼食も「行事食」以前からのリクエストで
量は少なくても少しずついろいろなものを楽しめるもの。

厨房業者さんが頑張ってバラエティ豊かに彩りもきれいでした。

ご飯も一口サイズのおにぎりで食べやすそうでした。

たまたま看護部長が急きょこちらにこれなくなったということで
彼女の頼んだ給食が私のもとへ・・・。
ダイエット中ですがしかたがないのでいただきました(笑)

私は「ごま豆腐」「茶碗蒸し」左上の「フルーツ(ブドウ)」が
特に美味しかったです。

f0035001_15102735.jpg


吉村仁志
[PR]
# by grado_nagoya | 2015-08-02 15:12
いよいよ今度の日曜日、グラード名古屋駅前の夏祭りです。
各フロアの飾りつけが出来上がってきました。
6階「ミレー」
f0035001_9463783.jpg

f0035001_9475797.jpg

5階「ピカソ」
f0035001_9514928.jpg

f0035001_953143.jpg

4階「ゴッホ」
f0035001_9563418.jpg

f0035001_9574642.jpg

f0035001_9584810.jpg

3階「モネ」
f0035001_1021469.jpg

f0035001_1033474.jpg

f0035001_1043731.jpg


フロアのテーマ別にしっかり作りこんでくれました。
特に今年は天井と照明を上手く使っていますね。
ありがたいです。感謝します。

吉村仁志
[PR]
# by grado_nagoya | 2015-07-30 10:07
昨日、グラード栄東研修室でスタッフ対象の
「認知症研修」を実施しました。
「グラード浄心」でも同一内容で二回実施、通算
三大認知症(アルツハイマー型、脳血管型、レビー小体型)
の特徴や高次脳機能障害の説明をさせていただきつつ、
「中核症状」と「周辺症状(BPSD)」の関係、を図解し、
「認知症のご入居者を好きになる
(嫌いにならない)感情的コントロールのコツ」
などをお話しさせていただきました。

〆はユーチューブから「宅配寿司銀のさら」の
CMを流してディスカッション。
前回の研修では「号泣」しているスタッフがいましたが・・・。
今回はいませんでした。

f0035001_1701069.jpg


f0035001_1704330.jpg


グラード名古屋駅前の7月のフロア目標
これはご入居者様が書いてくださっています。
達筆です。
そして良い目標だと思います。
空調温度管理等しっかり行ってもらいたいです。

f0035001_1711677.jpg



吉村仁志
[PR]
# by grado_nagoya | 2015-07-28 17:02
グラード3施設のトップをきって
8月2日にグラード名古屋駅前の夏祭りが開催されます。
ご案内のポスターもエレベータホールに貼りだされました。
年々ポスター技術も上がってきます。

f0035001_1335070.jpg


f0035001_1342319.jpg


f0035001_1345671.jpg


どうしても毎日がなんとなく過ぎてしまう「施設」で
「非日常」「この日は特別」と言う日が大事です。

スタッフたちも「夏」をキーワードにフロアの飾りつけをしてくれています。

今年は4階が海辺をイメージしてなかなか凄いです。

それは完成次第ブログで紹介しますね。

他のグラード、他のフロアも頑張ってください。


吉村仁志
[PR]
# by grado_nagoya | 2015-07-19 13:05
「グラード名古屋駅前」では、毎月、「フロア目標」を設定し、
利用者様、ご家族様から良く見えるところに
掲示するよう指示しています。

今月の3階フロア「モネ」の目標が面白かったので紹介します。
「7月目標 K F C」
K=緊張感を高め
F=不注意を無くし
C=ケアに没頭する

最初、ケンタッキーフライドチキンを連想しましたが(笑)
ちゃんと考えられたものでした。
その目標を一カ月意識して取り組んでもらいたいです。

f0035001_931563.jpg


先日、通勤途中、ハスが綺麗に咲いていたので
思わず自転車を止めて撮りました。
私の長男の同級生の田んぼで育てられています。
毎年この季節になると立派な花をつけてくれます。
神々しい感じがしますね。
「郊外」に住んでいるメリットですね(笑)

f0035001_9325815.jpg


吉村仁志
[PR]
# by grado_nagoya | 2015-07-16 09:33
先日、グラード3施設で名古屋医療センター附属看護・助産専門学校の
皆さんの「老年健康維持援助実習」を受け入れました。
80名余を一施設6~8人ずつ、二日間を4クール・・・。
正直、現場の受け入れは結構大変なのですが、
私が非常勤講師をお引き受けしているご縁もあり、
いわゆる「生活モデル」の現場を見てもらいたいこともあり、
さらに、医療と介護の連携の現場を見ていただきたいこともあり、
という意味からお受けしています。

一日目午前中は「オリエンテーション」。
「グラード栄東・研修室」に集合していただき20名近くに
一気に私が施設概要及び有料老人ホームとは?
実習の注意事項等を話しします。
その後各施設に移動していただき
午後から各フロアに分かれて「コミュニケーション」

二日目は午前中看護師について「シャドーイング」
午後から「集合レクリエーション」「個別レクリエーション」
さらに夕方「まとめのカンファレンス」を実施しました。
お年寄りも20歳前後の若い皆さんのエネルギーに触れて
楽しそうでした。

また、貴重な「外部の方からの評価」「気づき」ももらえて
私たちも多いに参考になりました。
何よりも将来「生活モデル」を理解し、
「相互尊重」「相互理解」「相互補完」を意識した
「他職種連携」ができる看護師さんになっていただけると嬉しいです。

f0035001_949099.jpg


f0035001_9482790.jpg

[PR]
# by grado_nagoya | 2015-07-14 09:41
またまた一か月以上もサボってしまいました。
誠に申し訳ございません。
昨日はゴスペルグループの「マーケッツ」の皆さんが
「グラード名古屋駅前」に
ボランティア演奏に来てくださいました。
ライブ活動もされている本格的な皆さんですが、
今回はご入居者参加型の「歌の会」にしてくださいました。
皆さん、とても盛り上がっていました。

特に私が感動したのは4階のある男性ご入居者様。
脳血管障害を患っていらっしゃり、左麻痺、胃婁で、
コミュニケーションが難しく、ベッド上の生活が長い方・・・。

なんとその方が歌のリズムに合わせて
右腕を指揮者のように振っておられるではないですか。
ちゃんと聴こえて、楽しんでいらっしゃる姿にビックリしました。
私たちが気づいていないだけだったのですね。

歌のチカラ、音楽のチカラって凄いですね。
学ばせていただきました。
「マーケッツ」の皆さまありがとうございました。

逆光で写りが悪くてすいません。

吉村仁志

f0035001_1193384.jpg

[PR]
# by grado_nagoya | 2015-07-13 11:10
グラード名古屋駅前ではその月の「行動目標」を
エレベーター前に掲示しています。

今月の5階「ピカソ」の月間目標です。

とても良い目標でスタッフ一同意識していただきたいものです。

藤の花も季節感があっていいですね。

f0035001_17445970.jpg


季節感といえば拙宅の猫の額の庭、
紫陽花があるのですがここ数年花が咲かなかったのですが、
今年は咲いてくれました。
ささやかな喜びです。

f0035001_17465770.jpg


吉村仁志
[PR]
# by grado_nagoya | 2015-05-25 17:47
昨日の「グラード名古屋駅前」6階フロアの昼食。
スタッフのアイデアでガストさんからデリバリーで「トロトロオムライス」を提供。
美味しそうで私もいただきたいくらいでした。
まるでファミリーレストランに来た気分。
楽しんでいただけた様子。

f0035001_1428442.jpg


先日、ブックオフにて日野原重明先生の本を発見。
thanatology(死生学)に関心を持っているので早速購入。
28年前に書かれた本でしたが、今、読んでもとても参考になりました。

f0035001_14312529.jpg


先日のオフに知多市の旭公園へ。
シャクヤクが満開でした。
癒されました。

f0035001_14321913.jpg


吉村仁志
[PR]
# by grado_nagoya | 2015-05-15 14:32
世間様はGW真っ盛りでしょうね。
今日はお天気もよく行楽日和・・・。
私も家内もこの業界なので二人共出勤。
子供が小さい時はどうしてたかな。
確か二人のシフトを調整して
どちらかがいるようにしていたような・・・。

いま、「thanatology」(死生学)に関心を持っています。
グラードでは開設以来多くの皆様を看取らさせていただき、
その経験から介護施設における「終末期ケア研修」など
全国で担当させていただきましたが、
このへんでしっかりまとめてみたいなあと思うようになりました。

大学院修士課程以来論文など書いていませんが
ちょっと頑張ってみたい気がしてきました。

そんなわけでいま、関連する文献を読みあさっています。
この間読ませていただいたのは

「人は死ぬとき何を思うのか」渡辺和子他著 PHP

f0035001_12573698.jpg


「『死の医学』への日記」柳田邦男著 新潮社

f0035001_12581840.jpg


です。

この間、10年「グラード」を運営してきて
100名ほどの皆様の終末期に関わらせていただきましたが、
今こそ「介護」と「医療」との連携を問われている時はないと思います。

さらに「ご本人の意思決定」「ご家族のお気持ち」
「ご家族間の意見の相違」など・・・。
センシティブな問題が山積します。

柳田氏は
「とりわけ死にゆく人とのかかわりあいにおいては
患者の内面にあるものを汲み取り、
その人生の歩みを崩壊ではなく
完成へと支援する取り組みこそ重要」と述べていますが、
まさにここは介護の得意分野だと思われます。

そして「医療」分野の皆さんだけでなく、
「介護」分野の皆さんの発言が今後重要になると思います。

その上での「チーム医療」が発展した
文字通りの「チームケア」が求められるのでしょうね。

そのためにも介護の世界での「理論化」が
必要なのではないでしょうか。


吉村仁志
[PR]
# by grado_nagoya | 2015-05-05 13:01