平成18年4月、名古屋駅前に開設した介護付有料老人ホーム「グラード名古屋駅前」の施設長が日々の出来事をつづります。


by grado_nagoya
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

7月3日 「LMD研究会東海支部学習会に参加して」

先週の日曜日、LMD研究会東海支部の「学習会」があり
参加させていただきました。
LMDとは「Let Me Decide」の頭文字をとったもので、
朝日新聞の解説によれば

「病気や事故などで意思表示ができない場合を考え,
希望の治療や処置内容をあらかじめ文書で
指定しておく「レット・ミー・ディサイド」
(自分で決める自分の医療=LMD)が,広がりつつある。…

カナダの老人医療の専門家,ウィリアム・モーロイ博士が
十年ほど前から提唱。カナダでは医師会が取り組み,
二万人以上の医師に指定書のコピーを配付しているという。
日本では一九九三年に医療関係者らが集まり
レット・ミー・ディサイド研究会を発足させ,
モーロイ博士の作った事前指定書を翻訳,
各地で講演会を開くなどの活動をしている。
医師会や病院が市民向けの講演会を開く動きも出てきた。

LMDは本人の意思を尊重する点については,
終末期の「リビングウィル」や「尊厳死宣言」と同じだが,
事前指定のプロセスに医師が必ずかかわって
治療内容を細かく定めるのが特色だ。」
(『朝日新聞』19970529)

私は数年前から会員となり学習会に参加させていただいています。

今回は「大往生したければ医療とかかわるな」の著者
社会福祉法人「同和園」付属診療所
所長の中村仁一先生の講演でした。
テーマは「自然死のすすめ~今を輝いて生きるために~」でした。

先生が強調されていたのは、
人間にも「繁殖期」と「後繁殖期」があって、
繁殖期の終わりが「折り返し点」で「行き」と「還り」がある。

繁殖を終えて生き物として
賞味期限の切れた「還り」の生き方の基本は・・・。

「老い」には寄り添い、「病」には連れ添う、
「健康」には振り回されず、「医療」は限定利用を心がけ、
「死」には妙に抗わない。
諸々のおかげを蒙って生かされていることに気づき、感謝する。

とのことでした。

「医療」と「介護」が“穏やかな死”の邪魔をする

なかなかショッキングなお話しでしたが、

「食べないから死ぬんじゃないよ「死に時」が来たから食べないんだよ。
したがって腹は減らないし、のども渇かない」そうです。

「死に方」は「生き方」、人は生きてきたように死ぬ。
「今」をしっかり生きることが大切。

とても参考になりました。

f0035001_17345683.jpg


今朝の通勤時、道端に「蓮」の花がキレイに咲いていました。

以前から蕾が膨らんでいたので注目していましたが、

今日は自転車を停めて撮らせていただきました。

ちょっとウキウキした気持ちで通勤できました。感謝。

f0035001_17303587.jpg


吉村仁志
[PR]
by grado_nagoya | 2014-07-03 17:26 | Comments(0)