平成18年4月、名古屋駅前に開設した介護付有料老人ホーム「グラード名古屋駅前」の施設長が日々の出来事をつづります。


by grado_nagoya
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
またまた一か月以上もサボってしまいました。
誠に申し訳ございません。
昨日はゴスペルグループの「マーケッツ」の皆さんが
「グラード名古屋駅前」に
ボランティア演奏に来てくださいました。
ライブ活動もされている本格的な皆さんですが、
今回はご入居者参加型の「歌の会」にしてくださいました。
皆さん、とても盛り上がっていました。

特に私が感動したのは4階のある男性ご入居者様。
脳血管障害を患っていらっしゃり、左麻痺、胃婁で、
コミュニケーションが難しく、ベッド上の生活が長い方・・・。

なんとその方が歌のリズムに合わせて
右腕を指揮者のように振っておられるではないですか。
ちゃんと聴こえて、楽しんでいらっしゃる姿にビックリしました。
私たちが気づいていないだけだったのですね。

歌のチカラ、音楽のチカラって凄いですね。
学ばせていただきました。
「マーケッツ」の皆さまありがとうございました。

逆光で写りが悪くてすいません。

吉村仁志

f0035001_1193384.jpg

[PR]
# by grado_nagoya | 2015-07-13 11:10 | Comments(0)
グラード名古屋駅前ではその月の「行動目標」を
エレベーター前に掲示しています。

今月の5階「ピカソ」の月間目標です。

とても良い目標でスタッフ一同意識していただきたいものです。

藤の花も季節感があっていいですね。

f0035001_17445970.jpg


季節感といえば拙宅の猫の額の庭、
紫陽花があるのですがここ数年花が咲かなかったのですが、
今年は咲いてくれました。
ささやかな喜びです。

f0035001_17465770.jpg


吉村仁志
[PR]
# by grado_nagoya | 2015-05-25 17:47 | Comments(0)
昨日の「グラード名古屋駅前」6階フロアの昼食。
スタッフのアイデアでガストさんからデリバリーで「トロトロオムライス」を提供。
美味しそうで私もいただきたいくらいでした。
まるでファミリーレストランに来た気分。
楽しんでいただけた様子。

f0035001_1428442.jpg


先日、ブックオフにて日野原重明先生の本を発見。
thanatology(死生学)に関心を持っているので早速購入。
28年前に書かれた本でしたが、今、読んでもとても参考になりました。

f0035001_14312529.jpg


先日のオフに知多市の旭公園へ。
シャクヤクが満開でした。
癒されました。

f0035001_14321913.jpg


吉村仁志
[PR]
# by grado_nagoya | 2015-05-15 14:32 | Comments(0)
世間様はGW真っ盛りでしょうね。
今日はお天気もよく行楽日和・・・。
私も家内もこの業界なので二人共出勤。
子供が小さい時はどうしてたかな。
確か二人のシフトを調整して
どちらかがいるようにしていたような・・・。

いま、「thanatology」(死生学)に関心を持っています。
グラードでは開設以来多くの皆様を看取らさせていただき、
その経験から介護施設における「終末期ケア研修」など
全国で担当させていただきましたが、
このへんでしっかりまとめてみたいなあと思うようになりました。

大学院修士課程以来論文など書いていませんが
ちょっと頑張ってみたい気がしてきました。

そんなわけでいま、関連する文献を読みあさっています。
この間読ませていただいたのは

「人は死ぬとき何を思うのか」渡辺和子他著 PHP

f0035001_12573698.jpg


「『死の医学』への日記」柳田邦男著 新潮社

f0035001_12581840.jpg


です。

この間、10年「グラード」を運営してきて
100名ほどの皆様の終末期に関わらせていただきましたが、
今こそ「介護」と「医療」との連携を問われている時はないと思います。

さらに「ご本人の意思決定」「ご家族のお気持ち」
「ご家族間の意見の相違」など・・・。
センシティブな問題が山積します。

柳田氏は
「とりわけ死にゆく人とのかかわりあいにおいては
患者の内面にあるものを汲み取り、
その人生の歩みを崩壊ではなく
完成へと支援する取り組みこそ重要」と述べていますが、
まさにここは介護の得意分野だと思われます。

そして「医療」分野の皆さんだけでなく、
「介護」分野の皆さんの発言が今後重要になると思います。

その上での「チーム医療」が発展した
文字通りの「チームケア」が求められるのでしょうね。

そのためにも介護の世界での「理論化」が
必要なのではないでしょうか。


吉村仁志
[PR]
# by grado_nagoya | 2015-05-05 13:01 | Comments(0)
昨日、グラード栄東にて月例スタッフ研修会がありました。
4月は私が講師をさせていただく
「選ばれる介護事業者になるために」
―介護現場における接遇―
でした。以前にも書きましたが私の「接遇講座」は
お辞儀の角度だとか、電話の受け答えだとか一切しません。
カスタマーとしてのご利用者様をどのように見るのか
言葉ではなく仕草や態度で「要望」「ニーズ」をキャッチすること。
そこで大切なのは「センス(感性)」と
「モチベーション(熱意)」だと強調し、
具体的な事例や「絵本の読み聞かせ」から
気づいていただくという手法をとります。
今回も全国の「看取り研修」で使用した
「だいじょうぶだよゾウさん」を読みました。
スタッフの皆さんが一生懸命考えている後ろ姿です(笑)

f0035001_1214521.jpg


先日、現在、育児休業中の看護師さんが
4ヶ月のお子さんを連れて遊びに来てくれました。
ツインズちゃんです。最高に可愛かったです。
一日も早い復帰を願っています。

f0035001_1234555.jpg


吉村仁志
[PR]
# by grado_nagoya | 2015-04-21 12:03 | Comments(0)
今週の水曜日から昨年度に引き続き
名古屋医療センター附属名古屋看護助産学校さんで
非常勤講師として教壇に立たせていただくことになりました。
「社会福祉」を担当します。

本業は半公休をいただいて行くので
水曜日の午前中90分のコマを
連続ふたコマで約3ヶ月間開講します。
3時間は学生さんもたいへん、講義する私もたいへん。
一昨日の初講義も後半足がつりそうになりました。(^_^;)
講義の事前準備もたいへんなのです。

本当は昨年度の担当がとてもしんどく、
今年度はお断りしようと思っていたのですが・・・。
将来、福祉・介護を理解しつつ
介護職をはじめとする他職種と
「相互尊重」「相互理解」「相互承認」していただける
看護師さんになっていただければ・・・とお引き受けしました。
頑張ります。

f0035001_1138387.jpg


昨日は夜間、弊社がコンサルタント契約をしている
春日井市の介護施設「サン太陽」さんで
職員研修をさせていただきました。
テーマは「選ばれるサービス事業者になるために」
-介護現場における接遇-でした。

「接遇」といっても「電話の取り方」とか
「お辞儀の仕方」などは一切なく(笑)

いつもの「自己開示」「自己覚知」から始まって、
「職業倫理」「尊厳の理解」「顧客満足」の説明、
「ご利用者を『想う』」という視点から
「マナー」「心遣い」「言葉遣い」を意識していただくというパターンです。

できる限り実例を挙げ、
受講者の「気持ちを震わせること」を意識しています。
お役に立てたならば良いのですが・・・。

f0035001_11391975.jpg



吉村仁志
[PR]
# by grado_nagoya | 2015-04-17 11:39 | Comments(0)
 一昨日お亡くなりになったA様、
3年ほど前に他の有料老人ホームに
ご入居されておられましたが、
「中心静脈栄養(IVH)」となりグラードに転居されました。
 
 半年ほどお口からゼリーやとろみの水分を
少しずつ召し上がっていらっしゃいましたが、
その後、基本「IVH」だけで頑張ってこられました。

 発語のない方でしたが、たまに見せていただけるとても柔和な笑顔に、
私をはじめ働くスタッフ達は大きなパワーをいただいていました。

 残念ながら搬送先の病院でお亡くなりになりましたが、
翌日、私がご家族様にご挨拶するため葬儀会館に出向くとスタッフに言うと、
持って行って欲しいと手渡されたのが一輪だけ咲いた「都忘れ」でした。

f0035001_17414123.jpg


 「ご長女様がお母様が大好きだったご自宅の庭の『都忘れ』を
見せてあげたい」とお部屋に持ってこられましたが、
緊急搬送するまで咲かなかったそうです。
ご本人が入院して不在になった居室でスタッフたちが
「一輪挿し」を陽のあたる南の窓際に置いたりして育て、
亡くなった次の日にやっと咲いたので持って行って欲しいとのことでした。

 一瞬、化粧品の小瓶に挿された知らない人は
ただの野草にしか見えない「都忘れ」を持って行くことに抵抗がありましたが、
スタッフの篤い想いを感じたので持参しました。

 ご家族様は私が出向いた時に役場への手続き等でどなたもいらっしゃらず、
ご本人のご遺体だけが安置されていました。
葬儀会館のスタッフの方の許可を得、枕元に置いて帰らせていただきました。

 今日、告別式に参列させていただくと祭壇にその「都忘れ」が飾ってありました。

 式の最後に喪主ご挨拶で息子様が涙ながらに
お母様が「都忘れ」が大好きだったこと。
長女がホームに持参したが間に合わなかったこと。
亡くなった翌日咲いた花を持ってきてくれたこと。
この花が母の生まれ変わりのような気がすること。
母も大好きな「都忘れ」の香りを楽しみながら
旅立てることをとても嬉しく思う。と語ってくださいました。

 最後にお棺の中にスタッフが作った
ご本人の描かれた絵画のコピーと
「都忘れ」を一輪入れてくださいました。

この時、お持ちして良かったなあ。
スタッフの想いを実現して良かったなあ。と心から思いました。

f0035001_17511712.jpg


グラード名古屋駅前4階介護スタッフの皆さん、
看護スタッフの皆さん、ご家族様は本当に喜んでいらっしゃいましたよ。
そしてそのような感性のあるスタッフの皆さんに心から感謝します。
ありがとう。


グラード名古屋駅前 施設長 吉村仁志
[PR]
# by grado_nagoya | 2015-04-12 17:51 | Comments(2)
本当にお久しぶりです。
3月は介護報酬改定でドタバタした結果、
なんと「帯状疱疹」にかかってしまい痛くて痛くてという月でした。
ブログ更新もすっかり滞ってしまい反省しています。
体調もだいぶもどりましたのでまた復活したいと思います。

あっという間に桜も葉桜になってしまいましたね。
今年はクルマの中から見るくらいで
しっかりお花見を楽しむことがありませんでした。

ご入居者の皆様は「名城公園」などへハイエースでお連れしましたが、
今年は運転手のお声もかからず残念でした(笑)

唯一、4月の行事食の「お花見弁当」の画像を撮りました。
残念ながらお外では召し上がっていただくことはできませんでしたが、
お弁当箱に入れて雰囲気を楽しんでいただきました。

f0035001_15131142.jpg


グラード名古屋駅前も4月1日で丸9年が経過し、
10年目に入りました。
おかげさまで株式会社想を創立して6月で10周年です・・・。

あっという間のように感じます。

いろいろありましたが、ここまで続けてこれたのは
皆様のおかげだと感謝しています。

「浄心」オープンの時にいただいた「花桃」。
今年もきれいに咲いてくれました。

f0035001_1518252.jpg

f0035001_1518514.jpg


これからも花の美しさを感じられるような「感性」を
持ち続けていきたいなあと思います。

吉村仁志
[PR]
# by grado_nagoya | 2015-04-10 15:19 | Comments(2)
一昨日全国特定施設事業者協議会主催の
特定施設専門研修(愛知会場)が
名古屋市中区の日本福祉大学社会福祉総合研修センターにて
開催されました。

昨年度から2年に渡り「看取りケアの基本」を担当させていただき、
全国20箇所の内、半分の10箇所を担当させていただきました。

北は北海道札幌会場から南は福岡会場まで・・・。
全国の特定施設の皆様に経験をお伝えできてとても楽しかったです。
感想文も皆さんから思わぬ高評価をいただきとても嬉しく思っています。
少しでも自分の経験、考え方がお役に立てたのであればこの上ない幸せです。

f0035001_12142942.jpg


そして、出張のついでに!?

札幌のホッケ、仙台の牛タン、新潟の「感傷旅行」、
松山の道後温泉、岡山のお刺身、博多のラーメン・・・。

良い思い出もできました(笑)。

来年度は他の講師の方にバトンタッチさせていただきますが、
私の拙い講義を受講していただいた全国の皆様にお礼を申し上げます。

吉村仁志
[PR]
# by grado_nagoya | 2015-02-14 12:15 | Comments(1)
昨日は地元名古屋市立前津中学校の1年生二人が
グラード栄東に「1日職場体験」に来てくれました。
これで3年目でしょうか?

今年は男子、女子お一人づつ。

昨年は4人来てくれた記憶が・・・。

恒例となった「歌声披露」(笑)。

昨年は合唱曲「コスモス」を4人で歌ってくれましたが、
今年は前津中学校校歌でした。

f0035001_1248535.jpg


一生懸命歌ってくれて良かったです。

お年寄りの皆さんも、若いエネルギーをいただけたようです。

地域の皆さんに「グラード」を知っていただく良い機会のように思います。

吉村仁志
[PR]
# by grado_nagoya | 2015-02-05 12:48 | Comments(0)